多汗症に効果がある漢方薬

漢方薬は汗を抑える場合に有効なのでしょうか?漢方薬で多汗症の場合は治療することができます。長期間漢方薬を使用しなければ、最大限に効果を引き出すことができないと考えているような人もいるかもしれません。しかしながら、自分の体に適した漢方薬が見つかると、効果が目に見えてすぐに現れるようになります。

西洋薬と異なって、漢方薬というのは、要因を特定してから薬を使用して治療するのではなく、体自体を健康にして治療するものです。薬剤師のしっかりした判断をベースして処方された漢方薬であれば、高い効果が期待できます。

ここでは、多汗症に効果がある漢方薬についてご紹介しましょう。柴胡桂枝乾姜湯は、汗が非常に出たり、ホルモンがアンバランスになって貧血が起きたりする場合に効果があります。体力がない場合、多汗症の更年期障害による場合でも使うことがあります。

柴胡加竜骨牡蛎湯は、あがり症などの場合に汗が緊張のために出るような場合に、神経的な緊張状態を緩くするものです。汗が緊張して非常に多く出てしまうような場合によく処方されます。体力が比較的あり、丈夫な胃腸の場合に使用します。神経が緊張しているのを緩和して、精神を安定させます。

黄連解毒湯は、高い血圧で、体がのぼせるような場合に適した漢方薬です。多汗症に効果があるのみでなく、頭痛がしたり、イライラしたりする場合が多いような時にも使用されます。暑がりで体力があるような場合には効果が期待できます。なお、吐き気などの副作用を感じた場合、発疹が起きた場合は、使うのを止めて専門の医師に判断してもらいましょう。

多汗症に効果がある漢方薬としては、これ以外にもネットなどでいろいろ紹介されているため参考にしてみましょう。