最低限これはしないと嫌われる!

男性の皆さま、初めに言わせてください。女性はにおいに敏感です。ワキガは誰でも気づきますが、男性の汗のにおいにも女性はとても敏感です。普段男性しか周りにいないから注意しあうこともなく不安だ、という方もいるのではないでしょうか?今回は、男性にやってほしい最低限のにおい対策を紹介しようと思います。

 まず、普段運動をあまりしないのに「におう」と言われたり女性と話しているときに明らかに顔がひきつっていた、という経験がある方へ。運動していないのににおってしまうのは、単に洗濯した洋服が生乾き、もしくは自分の体臭と家の洗剤のにおいが合っていないということが考えられます。毎日嗅いでいるにおいなので自分で気づくことはかなり難しいと思います。なので誰かしらににおいを確認してもらい、におうようでしたら即座に洗剤を変えてください。洋服がくさいと感じた場合は家を出る前に脱いでもう一度洗濯をしましょう。そして他の服を着ればいいのです。ここで注意してほしいのが香水をむやみやたらにふりかけてにおいをごまかそうとする行為です。無臭の状態や洗剤や柔軟剤のにおいに増してほんのりにおいがするくらいがいいのです。くさいものにいいにおいのものをふりかけても組み合わせが悪い場合にはとんでもないにおいになってしまうおそれがあるのでそれだけは避けましょう。

 次に、運動をよくされる方へ。汗がにおってしまうのはもうどうしようもありません。しかし汗がくさいのは元々の体質に問題があるというのではありません。食生活にも問題があるのです。なので運動後の汗のにおいが気になる方は食生活を見直してみてください。また、そこまでのにおいではないが汗くさい、というのであれば汗ふきシートでしっかりと身体を拭いてから女性と接してください。女性からしたらにおいにレベルなんてありません。
 

自分の状況に応じて今回紹介したものをぜひ試してみてください